スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告    ↑Top

魂ウェブ商店限定S.H.Figuarts 仮面ライダーアクセルトライアル

2010.12.19
S.H.F. アクセルトライアル
肉を削いで蹴りを出す!


S.H.F. アクセルトライアル
【パッケージ】
市販のS.H.F.と同じく内側が覗けるようになっています。
トライアルをイメージしたカラーリングと、劇中スーツの画像がプリントされています。
このスーツの頭部デザインとフィギュアとを見比べると・・・。

S.H.F. アクセルトライアル
【仮面ライダーアクセルトライアル】
トライアルメモリによってアクセルが多段変身した音速加速形態で、アクセルの最強形態。
変身時はトライアルメモリの信号機の色に合わせて通常のアクセルの色が赤から黄色に変化し、青になると同時に全身の装甲が弾け飛び、変身が完了する。
メインカラーは青で、複眼はオレンジ。この姿はオフロードバイクがモチーフとなっており、頭部の形状もバイザー式のモトクロスヘルメットに準じた形状になる。
全身はプロテクターや安定器具の役割を持つホイール部分を除き、バイクフォームの稼働部分にあたる装甲が無くなり、タイヤ状のスマートなものへと変化する。
(そのため、この形態ではバイクフォームへの変身機能が失われている)
大幅な軽量化により、一撃分の攻撃力(最大威力でも約1/4)と耐久力が著しく低下している。
しかし重い一撃を叩き込むのではなく、一度に連続攻撃を重ねてダメージを蓄積、機動力を生かして敵の攻撃を回避できる為、
そのデメリットをフォローするだけの戦闘力を発揮する。エンジンブレードを用いて戦うこともある。
マキシマムドライブはトライアルメモリの秒読みと同時に最大加速を行い、超高速のキックを「T」の字を描くように連続で叩き込む「マシンガンスパイク」、
エンジンブレードとトライアルのマキシマムドライブを併用して敵を「T」の字を描くように切り刻む「マシンガンスラッシャー」。
ただし、発動中はシステムに多大な負担が掛かることから10秒間のタイムリミットが設けられており、
制限時間内にメモリのカウンターを手動で停止させなければ変身が強制的に解除され、変身者も相応のダメージを負ってしまう。
(Wikipediaより抜粋)
豪腕を駆使した攻撃が得意なアクセルに対し、軽量・高機動をもって連続攻撃を繰り出す『仮面ライダーアクセルトライアル』が魂ウェブ商店限定アイテムとして受注販売されました。
関節の可動機構はS.H.F. 仮面ライダーW CJのものが流用されており、スーツデザインは一部アクセルを踏襲しつつ、ほぼ新規造形になっています。
塗装はメタリックブルーをベースに、マットなブラックとパールシルバーで彩色されています。

S.H.F. アクセルトライアル
アクセルのフルフェイスヘルメット型から、モトクロスヘルメットを模したデザインになっています。
内部モールドからメタリックブルーで彩色された後頭部にかけてアクセルのパーツを流用していますが、前面は新規造形になっています。
ゴーグル型の複眼はオレンジで彩色されたクリアパーツになっています。
側面から見ると然程気になりませんが、正面から見ると頬骨にあたる部位が広いために顎を隠してしまい、
間延びしたような顔つきに見えてしまいます。

S.H.F. アクセルトライアル
頭頂部のアンテナは『A』を模した造形になっています。後頭部の中央に接着剤の後がべったり、ハズレを引いてしまったようです^^;

S.H.F. アクセルトライアル
バイザーの裏側にも『A』を模したレリーフが造形されています。

S.H.F. アクセルトライアル
アクセルでは腹部の中腹まで被っていた装甲が、トライアルでは金属的な質感の胸部のみのプロテクター型になっています。
バイクフォーム時に前部となっていた背面フレームが取り払われ、フロントフォークとホイールのみとなっています。
タイヤは回転ギミックあり。

S.H.F. アクセルトライアル
肩装甲は小型化され、肩から上腕、前腕の側面にかけてタイヤ状のデザインになっています。
エルボーガードが追加され、手首の造形はアクセルと同じですが甲がパールシルバーで塗装されたことで装甲が追加されたように見えます。

S.H.F. アクセルトライアル
【アクセルドライバー(トライアルメモリ)】
ドライバーはアクセルと同じ形状ですが、スロット部分にトライアルメモリのパーツが追加されています。
信号は青・黄・赤で塗り分けされており、カウンター回りも緻密に造形されています。

S.H.F. アクセルトライアル
ドライバーは取り外し可能で、バックルやベルトの造形はアクセルと共通です。

S.H.F. アクセルトライアル
大腿部の側面には腕部と同じくタイヤ状のディティールが造形されています。

S.H.F. アクセルトライアル
肘と似た形状のニーガードが追加され、レッグガード脹脛の辺りにバンドの様なディティールが見られます。
踝の上部に取り付けられたリアホイールはアクセルのままです。ホイールの付け根はボールジョイントです。

S.H.F. アクセルトライアル
足裏のディティールもそのまま。


【オプション】
S.H.F. アクセルトライアル
【交換用手首】
握り拳/平手A/持ち手A/持ち手B/サムズアップ手首/平手B
サムズアップ手首は右、平手Bは左のみです。
アクセルでは黒の成型色のままでしたが、掌はメタリックブルーで、甲はパールシルバーで追加塗装されています。

S.H.F. アクセルトライアル
【トライアルメモリ】
ドライバーに挿入された『メモリモード』の他に、マキシマムドライブ時の『マキシマムカウンターモード』状態のものも付属しています。
カウンター部分はドライバーに挿入されたものと同じ造形です。メモリのコネクタはゴールドで塗装されています。

S.H.F. アクセルトライアル
【アクセルドライバー(アクセルメモリ)】
マキシマムドライブ再現時用にトライアルメモリを取り外した状態のドライバーが付属しています。
何故かアクセルメモリが挿入済み。バックルに付け替え可能です。

S.H.F. アクセルトライアル
【エンジンブレード】
アクセルに付属していたものと同じ仕様です。エンジンメモリを出し入れする際の中折れギミックを再現可能。


【アクセルと比較】
S.H.F. アクセルトライアル
シルエットに大きな変化はありませんが、細部のデザインはかなり異なります。






『全て・・・振り切るぜ!!』
S.H.F. アクセルトライアル

S.H.F. アクセルトライアル

S.H.F. アクセルトライアル

S.H.F. アクセルトライアル

S.H.F. アクセルトライアル

S.H.F. アクセルトライアル

S.H.F. アクセルトライアル

S.H.F. アクセルトライアル

S.H.F. アクセルトライアル

S.H.F. アクセルトライアル

S.H.F. アクセルトライアル

S.H.F. アクセルトライアル

S.H.F. アクセルトライアル

S.H.F. アクセルトライアル

S.H.F. アクセルトライアル

S.H.F. アクセルトライアル
以上、『魂ウェブ商店限定S.H.Figuarts 仮面ライダーアクセルトライアル』でした。
商品案内が始まった時点で公開された画像から頭部造形に関して不満を抱いていましたが、あれからさして改修もなく発売されてしまいました。
月並みですが、やはりフィギュアの命は顔ですよ。受注生産の限定アイテムともなれば値引きのきかない定価設定、
更に送料等を加味すれば市販のものより高価になってしまうのはやむを得ません。だからこそ市販品以上に妥協点は少なくしていって欲しいです。
とは言え、アクセルの時と同様に首から下は本当に良い出来栄えです。アクセルではS.H.F.特有の痩身スタイルが仇となり力強さに欠けていましたが、
逆にその細さが装甲をパージする事で成るトライアルにはうってつけでした。アクセルでも十分に広い可動域を獲得していましたが、
装甲の面積が狭まった事で更に可動範囲が増しトライアル特有の振り幅の広いポージングが再現可能になりました。
アクセルから引き継いだ接地性の良い足先の形状と四肢のバランスの良さから、爪先立ちや片足立など際どいポーズも楽々こなせます。
先述の問題点さえクリア出来ていたなら完璧に近いアクセルトライアルだったかも知れませんね。それだけに勿体無い^^;

スポンサーサイト
テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用
S.H. Figuarts    Comment(1)  TrackBack(0)   ↑Top

Comment

- バファニー

頭部は可笑しいですが、他の部分の出来は良いですね。
2010.12.20 Mon 19:09 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

↑Top

TrackBack

TrackBackURL
→ http://marstoybox.blog118.fc2.com/tb.php/285-2e975ccd
↑Top
Template by まるぼろらいと
まとめ
Copyright ©火星のおもちゃ箱 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。