スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告    ↑Top

S.I.C VOL.53 ゼクトルーパー

2010.04.09
S.I.C.ゼクトルーパー
もうMOBキャラとは言わせない(?) 他のライダーを差し置いて『ゼクトルーパー』がまさかのS.I.C.化です。



S.I.C.ゼクトルーパー
【ゼクトルーパー】
ZECTの汎用戦闘員(またはこれらの総称)。黒ずくめのヘルメットにユニフォーム(シャドウは金のラインが入る)をまとい集団で行動する。モチーフは蟻。額のメカニカルアンテナやポインターにより自分の位置を知らせ、各部隊長やZECT指令車からの指示を受ける。ボディアーマーには鋼鉄の10倍の強度を持ち、刃物・ライフル・鉄鋼弾に対処できるスペクトラプレートを採用している。その後スーツは次作『仮面ライダー電王』のレオソルジャーに改造された。標準携行武装であるマシンガンブレードは装弾数3000発のホローポイント弾を内装するマズル銃。右腕に装着して使用する。 トリガーを引く際に任意で発射弾数を変える可変バースト機能を備えており、通常の発射速度は600発 / 分。最大射程は2000mを誇り、徹甲・炸薬・焼夷弾を装填選択することも可能。白兵戦時には、先端に内蔵されたウーツ鋼鉄製・格闘専用ブレードを展開する。劇場版では集団での掃射でドレイクを倒すほどの威力を見せた。(Wikipediaより抜粋)

S.I.C.ゼクトルーパー
S.I.C.ガタックの素体をベースに、頭部・胸部・背面・肩装甲・前腕・腰部・大腿部・脛に新規パーツを装着する事で再現出来ます。手首は共通です。説明書ではガタックの素体を基に装着していましたが、ダークカブトの素体を使用する事も可能です。武装に関しては後述。

S.I.C.ゼクトルーパー
S.I.C.ゼクトルーパー
ヘルメットの各部にモールドが追加されていますが、劇中デザインとの差はあまり感じません。一番の違いはスモークが掛かっていた複眼が透過性の高いクリア成形になり、奥に装着者の顔が見える点ですね。かなり濃ゆい顔をしています。

S.I.C.ゼクトルーパー
S.I.C.ゼクトルーパー
劇中ではダボついたスウェット風スーツにアンパイアのプロテクターを付けた様な容姿でしたが、素体にピッタリフィットしたスマートかつ屈強な造形になっています。前腕装甲はダイキャスト製です。上半身がマッシプに見えるのは肩装甲が追加されたからですね。

S.I.C.ゼクトルーパー
腰部には『ZECT』のレリーフが刻まれたバックルを装着しています。側面や後部はシンプルです。

S.I.C.ゼクトルーパー
大腿部や脛に大型のプロテクターが追加された事で、ライダーよりもかなり逞しくなりました。脛の装甲はダイキャスト製です。

【オプション】
S.I.C.ゼクトルーパー
【ゼクトガン】
主に加賀美や田所さんが使用していたZECT製の拳銃です。改めて見ると武器として些か信憑性に欠けるデザインですよね^^;

S.I.C.ゼクトルーパー
【マシンガンブレード】
前腕装甲と手首を取り外してから前腕を覆う様に取り付けます。
各部に新たなディティールが追加されより武器らしい造形になっています。設定通り補助グリップとブレードがスイング可動します。
球体マガジンの中央から後部が基部となり、先端を換装する事で様々な武器にする事が出来ます。

S.I.C.ゼクトルーパー
【パワーアーム】
S.I.C.オリジナル武装です。先端のアームが左右に可動します。

S.I.C.ゼクトルーパー
【ガトリングシールド】
こちらもS.I.C.オリジナルです。シールドユニットとガトリングユニットを組み合わせる事で再現出来ます。

S.I.C.ゼクトルーパー
補助グリップが逆になってしまいますが、武装は左腕にも装着する事が出来ます。マスクドパーツ目当てに二箱購入した関係でトルーパーパーツがもう1セット余ったので両腕に付けてみました。



【それではアクション!】
S.I.C.ゼクトルーパー

S.I.C.ゼクトルーパー

S.I.C.ゼクトルーパー

S.I.C.ゼクトルーパー

S.I.C.ゼクトルーパー

S.I.C.ゼクトルーパー

S.I.C.ゼクトルーパー
以上、S.I.C VOL.53 ゼクトルーパーでした。
「ワームと渡り合えるか?」と問われば、どうあっても雑兵ゼクトルーパーのままなのですが、劇場版で数に物を言わせてドレイクを倒したシーンにこのゼクトルーパーが登場していたなら納得出来たかも、と思える程度にアレンジされたと思います。もとより現実の軍隊をモチーフにしている点があるキャラクターなのでリアル志向のアレンジが成されるS.I.C.に持って来いの素材だったんじゃないでしょうか。大型のダイキャストパーツが使用されているためライダーよりも重厚で存在感もあるのですが、その分ポーズの保持に難がありジョイントの消耗も気掛かりでした。個人的にはダイキャスト製でなくても良かった気がします。S.I.C.カブトシリーズは今後も続くのでしょうかね?素体の流用をすれば残りのライダーも簡単に立体化出来そうですし、ラインナップして欲しいです。特にザビーとダブルホッパーを希望します!

スポンサーサイト
テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用
S.I.C.    Comment(2)  TrackBack(0)   ↑Top

Comment

- バファニー

2こ買いしてあると面白いですね!頭部、ちょっと怖い。
2010.04.10 Sat 11:03 URL [ Edit ]

- damien

二個買いは、ゼクトルーパーで遊ぶ時に効果を発揮しますよね!(^0^)
2010.04.11 Sun 08:43 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

↑Top

TrackBack

TrackBackURL
→ http://marstoybox.blog118.fc2.com/tb.php/22-7c467625
↑Top
Template by まるぼろらいと
まとめ
Copyright ©火星のおもちゃ箱 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。