スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告    ↑Top

S.H.Figuarts 仮面ライダーアクセル

2010.09.27
S.H.F. アクセル
近年の2号ライダーとしては活躍の場も多く、皆に愛されたライダーだと思います。


S.H.F. アクセル
【仮面ライダーアクセル】
照井竜がアクセルメモリの力で変身したライダー。赤を基調とし、鋭利な形状となった「A」の文字が頭部に見られる。
モチーフはオンロードバイクで、フルフェイス・ヘルメットのようなマスクが特徴。
シールドの奥に隠された青い円状の複眼・フェイスフラッシャーは変身直後やマキシマムドライブ発動時に発光する。
決め台詞は戦闘開始時や必殺技の発動時は「振り切るぜ!」、敵を撃破した時は「絶望がお前(たち)のゴールだ!」。
メモリの組み合わせによる汎用性に特化したWとは異なり、アクセルはアクセルメモリ単体での力・特質を極限まで活かした仕様となっている。
そのためドライバーの開発期間は長期に及んだものの、「ヒート」の力を圧倒する熱量を誇り、非常に高い戦闘能力を獲得している。
アクセルドライバーの右グリップ部・パワースロットルを捻ることで、メモリのパワーを伝達して力を高め、エンジンブレードによる豪快な剣技と専用技を駆使する。
アクセルメモリによるマキシマムドライブは、後ろ跳び回し蹴りを叩き込む「アクセルグランツァー」。
(Wikipediaより抜粋)
バイクフォームへの変形機構を排したアクション重視のモデルになっています。
五体の可動ギミックはS.H.F. W CJがベースとなっていますが、装甲のデザインやスーツのモールド等は新規造形になっています。
スーツのレッドは関節を除き全てメタリック塗装になっており、その他の部位も劇中に近い質感になっています。

S.H.F. アクセル
フルフェイスヘルメットのシールド部分にあたるパーツはクリア成型で、内部の複眼のモールドもうっすらと覗けます。
劇中よりもシールドの縦幅が若干狭い様です。上半身が細いためバランス的に頭部が大きく見えてしまいますね。
それでも男前には違いない!

S.H.F. アクセル
側面から見ると『A』の文字を模したアンテナの造形がよく分かります。

S.H.F. アクセル
給油口や冷却フィンのスリット等、ディティールが潰れること無く造形されています。
バイクフォーム時に展開する黒いパーツは変形こそしませんが一応別パーツになっており、ホイールも回転します。
ホイールは劇中より小型ですね。

S.H.F. アクセル

S.H.F. アクセル
【アクセルドライバー】
塗り分けは多少省かれていますが、今回はメモリもアクセルカラーで塗装されています。
ドライバーは取り外しが可能で、バックルのディティールも再現されています。

S.H.F. アクセル

S.H.F. アクセル

S.H.F. アクセル

S.H.F. アクセル
踝辺りに装備されたホイールはボールジョイントになっており、自由に表情が付けられます。
足裏は変形時の排気口にあたるため穴のようなディティールが刻まれています。
足裏の面積はWよりも広いため、接地性は高いです。


【可動について】
S.H.F. アクセル
画像のように上方への可動域はかなり広いのですが、襟首が干渉してしまい顎を引くのは苦手です。

S.H.F. アクセル
肩装甲はWよりも大型ですが、可動域はさして違い有りません。
その他の可動箇所に関してはS.H.F. W CJのページをご覧下さい。


【オプション】
S.H.F. アクセル
【交換用手首】
握り手/開き手A/開き手B/持ち手A/持ち手B/サムズアップ手首。
開き手Bは左のみ、サムズアップ手首は右のみです。

S.H.F. アクセル
【エンジンブレード】
Wに付属していた武器は尽くメモリのディティールが省かれていましたが、エンジンブレードは予めスロットにメモリが装填された状態で立体化されています。
刀身の展開ギミックが再現されており、スロット前方を中心にスイング可動します。
メモリのロゴはオミットされていますが、それ以外は細かく塗り分けられています。






『さぁ、振り切るぜ!』
S.H.F. アクセル

S.H.F. アクセル

S.H.F. アクセル

S.H.F. アクセル

S.H.F. アクセル

S.H.F. アクセル

S.H.F. アクセル

S.H.F. アクセル

S.H.F. アクセル

S.H.F. アクセル

S.H.F. アクセル
以上、『S.H.Figuarts 仮面ライダーアクセル』でした。
S.H.F.Wの流れを汲んでいるため可動域はかなり広く、首以外は追加された装甲分の干渉箇所も考慮されており自由なポージングが可能でした。
また、設定上の利点から足裏の面積が広いためWよりも安定したポージングの保持が出来たと思います。
素立ちではS.H.F.特有の痩身から頭部が若干大きく見えてしまうものの、アクション時や側面から見た限りではあまり気になりませんでした。
てっきりオミットされるものだと思っていたエンジンブレードの展開ギミックはちゃんと再現されており、
豊富な交換用手首との組み合わせでポーズの幅は一層広がりました。
私としてはW以上に満足の行くアイテムだと思います。
スポンサーサイト
テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用
S.H. Figuarts    Comment(1)  TrackBack(0)   ↑Top

Comment

- バファニー

エンジンブレードのギミックが嬉しいですね!
2010.09.28 Tue 18:49 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

↑Top

TrackBack

TrackBackURL
→ http://marstoybox.blog118.fc2.com/tb.php/202-d5af720b
↑Top
Template by まるぼろらいと
まとめ
Copyright ©火星のおもちゃ箱 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。