スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告    ↑Top

ROBOT魂 <SIDE LFO> ニルヴァーシュ type ZERO

2010.07.18
ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO
ここに来てエウレカセブン最初期主人公機の登場です。
まだまだ<SIDE LFO>は終わらない!
ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO
【ニルヴァーシュ type ZERO】
エウレカとレントンの搭乗機。世界最古のLFOゆえにtype ZEROという。従来のLFOの骨格は単座式であるが、
このニルヴァーシュのみ左右に座席が並んだ複座機で、その外観は白地に赤いラインのカラーリング(tR606は人為的に複座式にされている)。
使用する武装はブーメランナイフ×2のみ。S・O・F所属時代は大型のビームライフルを装備していた事もあり、
PS2『アナザーセンチュリーズエピソード3』では隠し武器として使用出来る。当機の専用リフボードは名工の手によるもので、
旧型機ながらその飛行速度はターミナスシリーズを凌駕する。
レントンがコンパク・ドライヴとその拡張パーツであるアミタ・ドライヴを装着したことにより、「セブンスウェル」と呼ばれる現象を発生させた。
セブンスウェルの持続時間、1246秒の間は虹色の光柱を発生させながら周囲のトラパー領域が反転、
当該領域内においてニルヴァーシュは鬼神のごとき無敵の破壊力を発揮する。その後、セブンスウェル発現地付近ではスカブの大地が大量の塩の塊と化した。
(Wikipediaより抜粋)
ROBOT魂<SIDE LFO>シリーズ6体目にして最初期主人公機の登場です。
spec2に採用されていた変形ギミックが廃され、ビークルモードの変形が出来なくなっています。
代わりにアクション性が向上し、トラパーをイメージした専用ディスプレイが付属しています。

ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO
ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO
spec2では鼻先から顎までの間隔が広く目元も奥まっていてよく見えなかったのですが、ソレ等のバランスが改善されています。
正面から見ると若干支点が定まっていない様ですが、斜めから見ると自然です。
頭頂部のアンテナは硬質、サイドアンテナは軟質素材で造形されており、首振りの際にパーツに接触して折れるという心配はありません。

ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO
胸部のライトとキャノピーはクリア成型になっています。コックピット内の造形はオミットされていました。
コックピット後部の円形のパーツは取り外しが可能でエネルギー供給用のコードが接続できます。(後述)

ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO
コックピット下部にはタイヤ(回転ギミック有り)とジョイント穴があります。

ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO
肩装甲にマウントされてブーメラン型ナイフは取り外して武器パーツとして使用可能です。

ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO
踵のタイヤと踝の装甲は可動します。脹脛にもタイヤのディティールが造形されていますが可動しません。

ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO
足先は大きめに造形さており、足首の可動域も広いため接地性・安定性は抜群です。
足裏の赤いパーツは可動し、リフボード用のジョイントパーツとして使用します。


【spec2と比較】
ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO
「SIDEごとのスケール統一」がコンセプトとしてあるため、アーキタイプの成長により多少なりとも大型化した筈のspec2と比べても大きさに違いはありません。
四肢のパーツによってはspec1の方が大きい部分もあります。


【可動箇所】
ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO
首(ボールジョイント)。

ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO
肩付け根(上下スイング、ボールジョイント)、肩(スイング)、上腕(ロール)、肘(二重スイング)、手首(ボールジョイント)。

ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO
胸部(前後スイング、ボールジョイント)。

ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO
股関節(スイング、ロール)、大腿部(ロール)、膝(二重スイング)。

ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO
ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO
足首装甲(スイング)、足首(ボールジョイント、前後左右スイング)。


【オプション】
ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO
【交換用手首】
握り手、開き手、持ち手Aは左右付属しており、持ち手Bは右のみです。

ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO
【リフボード】
表に二箇所、裏面には十二箇所のジョイント穴が空いています。
ニルヴァーシュが変形しないため、ボードも折り畳みギミックはオミットされています。

ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO
ハードポイントが多数あるため、ポージングによって最適な箇所に接続できます。

ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO
【大型ビームライフル】
S・O・F所属時代に装備、後に廃された大型のビームライフルも付属しています。

ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO
ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO
フォアグリップとスコープはスイング可動し、銃床の上部にあるパーツを外してエネルギー供給用のコードを接続する事が出来ます。(コードは針金)

ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO
ゲッコーステイトのLFOにはちょっと不似合いな銃火器。得物としてはかなり大きめです。

ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO
【専用ディスプレイ】
トラパーの波をイメージした台座で、中間に仕込まれたボールジョイントにより上部パーツが可動します。






『ねだるな、勝ち取れ!さすれば与えられん!!』
ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO

ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO

ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO

ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO

ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO

ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO

ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO

ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO

ROBOT魂 ニルヴァーシュtypeZERO
以上、『ROBOT魂 <SIDE LFO> ニルヴァーシュ type ZERO』でした。
spec2は変形機構の恩恵で可動域が広い部分もありましたが、今回は純粋にアクション重視のフィギュアとして自然な可動を実現していました。
変形ギミックがオミットされてしまったのは残念ですが、変形時に組み替えるパーツのポロリが無くなり、
関節が強化された事でストレスなくポージングを楽しむことが出来ました。
最初は違和感を覚えていた大型ビームライフルですが、構えさせてみるとこれが結構様になっていまして、
フォアグリップを握るポーズも楽々と出来るので非常に好感触です。
専用台座は作品の世界観がよく再現されており、飾るのにも最適なアイテムだと思います。
この際ゲッコーステイトのLFOを全て立体化してみませんか?バンダイさん!

スポンサーサイト
テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用
ROBOT魂    Comment(1)  TrackBack(0)   ↑Top

Comment

- バファニー

専用ディスプレイの付属が嬉しいですね。キレイ♪
2010.07.18 Sun 17:57 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

↑Top

TrackBack

TrackBackURL
→ http://marstoybox.blog118.fc2.com/tb.php/130-727b3fa6
↑Top
Template by まるぼろらいと
まとめ
Copyright ©火星のおもちゃ箱 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。