スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告    ↑Top

VF HI-METAL VF-1J バルキリー(一条輝機)

2010.07.07
VF HI-METAL VF-1J (輝機)
ほぼ「完全変形」と言っても過言ではない1/100仕様のVF-1Jを紹介!


VF HI-METAL VF-1J (輝機)
VF HI-METAL VF-1J (輝機)
【VF-1J バルキリー(一条輝機)】
【ファイター形態】
新中州重工がライセンス生産の際、A型の火力不足を補うため頭部ユニットを九星重工製の武装強化型へと換装したタイプ。
頭部両側面にROV-20を単装1門、計2門装備し、頭部そのものが砲塔として旋回を、左右各砲基部が俯仰を行う。
最大仰角は180度であり、真後ろを指向することも可能である。元々はA型同様通常量産機だが、生産地区が限られていたため配備数は少なく、
主に小隊長機、エースパイロット機として運用されることが多かった。また初期はアーマード・バルキリーに換装可能なのはJ型のみであった。
なおJは「JAPAN」を意味しており、生産区域を表している。
一条輝が入隊からS型に乗り換えるまで使用し、作品における主役メカ的存在である。後にマックス・ミリア夫妻が青赤の機体を使用する(ミリア機は『マクロス7』にも登場する)。
劇場版ではアーマード機が1カット映るのみ。『マクロスプラス』では模擬戦に登場する。
(Wikipediaより抜粋)
ファイヤーバルキリーに続き、VF HI-METALシリーズ第二弾はバルキリーの元祖「VF-1J」です。

VF HI-METAL VF-1J (輝機)
キャノピーはクリア成型で、内部には1/100スケールの一条輝フィギュアと、コックピットのディティールが造形されています。
主翼や機体各所に引かれた赤いラインは塗装で再現されており、エンブレムはタンポ印刷になっています。
着陸脚の収納時やミサイルの着脱はパーツ交換で再現できます。(詳しくは後述)

VF HI-METAL VF-1J (輝機)
ガンポッドはバトロイド時の腕部に当たる部分に挟み込む形で装着します。ベクターノズルはダイキャストパーツになっています。


【ファイター形態→ガウォークファイター形態への変形プロセス】
VF HI-METAL VF-1J (輝機)
前腕と脛の接続部分を解除し、前方へ折り曲げます。

VF HI-METAL VF-1J (輝機)
足先を迫り出し、爪先と踵を展開します。次に尾翼を左翼→右翼の順に折り畳みます。

VF HI-METAL VF-1J (輝機)
尾翼を後部装甲ごと前方へ折り曲げ、バーニアを覆うプレートを展開すれば完成です。

VF HI-METAL VF-1J (輝機)
【ガウォークファイター形態】
説明書によればファイターからガウォークへの中途形態の様です。
劇中では逆噴射時に脚部だけ前方へ展開する様は度々描かれていましたが、公式設定としてこの形態があるのでしょうかね?


【ガウォークファイター形態→ガウォーク形態への変形プロセス】
VF HI-METAL VF-1J (輝機)
腕部をスライドさせ、左右に展開します。

VF HI-METAL VF-1J (輝機)
腕部を大腿部と隣接する様に展開し、前腕内部に収納されている手首を出せば完成です。
※このレビューでは忘れてしまっていますが、腕部はスライドさせた位置から元に戻す必要があります。


VF HI-METAL VF-1J (輝機)
【ガウォーク形態】
足先がダイキャストパーツなので、ガウォークの様な前傾姿勢でも安定性が高いです。
スタンドを使えば、もう少し逆関節を決めたポージングが可能です。


【ガウォーク形態→バトロイド形態への変形プロセス】
VF HI-METAL VF-1J (輝機)
クリアパーツのキャノピーを取り外し、キャノピーカバーと交換します。脚部付け根を胴体から取り外します。

VF HI-METAL VF-1J (輝機)
脚部を画像の様に展開します。

VF HI-METAL VF-1J (輝機)
胸部パーツをキャノピー後部に被せ、機首を90度折り曲げます。

VF HI-METAL VF-1J (輝機)
腕部を上方へスライドさせます。
※ガウォーク形態へ変形させる時にスライドさせていれば必要ありません。

VF HI-METAL VF-1J (輝機)
後部装甲を展開し頭部を引き起こします。更に頭部を180度回転させレーザー機銃も立てます。

VF HI-METAL VF-1J (輝機)
◯で囲んだ部分にジョイントがあり、基部となるダイキャストパーツと機首を接続します。更に股関節をせり上げれば完成です。


VF HI-METAL VF-1J (輝機)
【バトロイド形態】
変形時に組み合わさったパーツ同士もジョイントがしっかりと噛み合っているので弄っているうちに外れてしまう心配はありません。

VF HI-METAL VF-1J (輝機)
VF HI-METAL VF-1J (輝機)
バイザーはメタリック塗装が施されています。レーザー機銃は軟質素材のパーツと交換可能です。
白地部分が多いものの造形にメリハリがついているので中々男前です。

VF HI-METAL VF-1J (輝機)
上下のバランスも申し分ありません。
VF HI-METAL VF-1J (輝機)


【可動箇所】
VF HI-METAL VF-1J (輝機)
首(ボールジョイント、スイング)、レーザー機銃(ロール)

VF HI-METAL VF-1J (輝機)
肩付け根(前後スイング、ボールジョイント)、肩装甲(スイング)、肩(スイング)、二の腕(ロール)、肘(二重スイング)、手首(ボールジョイント)

VF HI-METAL VF-1J (輝機)
股関節(ボールジョイント)、大腿部(スイング)、膝(スイング)

VF HI-METAL VF-1J (輝機)
膝付け根(ロール)、股関節ジョイントは数ミリスライドさせる事が出来、その分可動域が広がります。

VF HI-METAL VF-1J (輝機)

VF HI-METAL VF-1J (輝機)
足首(伸縮、ロール)、爪先(ボールジョイント)、踵(スイング)


【オプション】
VF HI-METAL VF-1J (輝機)
着陸脚(機首)、カバーパーツ。

VF HI-METAL VF-1J (輝機)
着陸脚(左右後輪)、左右カバーパーツ。

VF HI-METAL VF-1J (輝機)
ミサイル×4、ミサイル接続用主翼、通常時主翼。

VF HI-METAL VF-1J (輝機)
エアインテークシャッター開閉時各パーツ。

VF HI-METAL VF-1J (輝機)
ジョイントパーツ。
向かって左からファイター用/ガウォーク用/バトロイド用。

VF HI-METAL VF-1J (輝機)
VF HI-METAL VF-1J (輝機)
【交換用手首】
手首は向かって左上の前腕収納時の手首の他にディティールを重視した『角指(上)』とアニメ劇中をイメージした『丸指(下)』が付属しています。
握り手/グリップ持ち手は右のみ、保持用手首/平手は左のみです。

VF HI-METAL VF-1J (輝機)
【ガンポッド】
武器使用時は銃床をスライドさせ、グリップを装着します。手首と一体成型の持ち手と組み合わせる事も可能です。





『WILL YOU LOVE ME TOMORROW』
VF HI-METAL VF-1J (輝機)

VF HI-METAL VF-1J (輝機)

VF HI-METAL VF-1J (輝機)

VF HI-METAL VF-1J (輝機)

VF HI-METAL VF-1J (輝機)

VF HI-METAL VF-1J (輝機)

VF HI-METAL VF-1J (輝機)

VF HI-METAL VF-1J (輝機)

VF HI-METAL VF-1J (輝機)

VF HI-METAL VF-1J (輝機)

VF HI-METAL VF-1J (輝機)

VF HI-METAL VF-1J (輝機)

VF HI-METAL VF-1J (輝機)
以上、『VF HI-METAL VF-1J バルキリー(一条輝機)』でした。
VF-1系の変形トイに触れるのはYAMATO 1/60 三段変形 VF-1S以来でして、1/60スケールと比べるとその小ささに驚かされました。
変形トイの課題である各形態ごとのプロポーション破綻もなく、尚且つ可動域の問題も疎かになっていません。
ファイター形態時の逆噴射およびガウォーク形態での逆関節の角度、ベクターノズルを前方に突き出す様を見事に再現出来ていました。
三段変形のバトロイド形態は自立するだけでもやっとだったのですが、上記の画像の様に立膝ポーズを軽々とやって退ける程可動機構は進化しています。
一見華奢に見える関節も、金属パーツを使用しているため可動に粘りがあり保持力も優秀です。
どちらかに統一しようという案もあったのかも知れませんが、交換用手首にリアル重視の『角指』とアニメ再現の『丸指』の両方を付け、
ユーザーの好みで選択肢を増やしてくれたのは嬉しいですね。武器持ち手がまたも右手だけというのは残念ですがそこは「もしかしたら」の後発アイテムに期待(笑)
スーパー・アーマードパーツ等の情報は耳にしませんが、これだけ良いベースがあるのだから何らかの形で発売してくれると嬉しいです。
価格もサイズも手頃なので、コレクション性を高める為にももう少しマイナーな機体も出して欲しいですね~例えばVF-0Dとか!

スポンサーサイト
テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用
VF HI-METAL    Comment(1)  TrackBack(0)   ↑Top

Comment

- バファニー

ガウォーク形態がカワユイ♪
手首は配慮が良かったり悪かったりですね。
2010.07.08 Thu 19:22 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

↑Top

TrackBack

TrackBackURL
→ http://marstoybox.blog118.fc2.com/tb.php/119-31f3d989
↑Top
Template by まるぼろらいと
まとめ
Copyright ©火星のおもちゃ箱 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。